全国重点文物保護単位 もっと

  • 水榭(水辺のあずまや)舞台 水榭(水辺のあずまや)舞台

    明の時代の万歴年間(1573年~1620年)に建てられ、元々は「鄭」という苗字の人の住宅であったが、清の時代の道光年間(1821年~1850年)に、孫翼謀家族のものになった。三つの建築はつながっており、メイン建物は前後の奥行きが三進(進:伝統的中国家屋で、邸内に複数列の建物がある場合、その一列を'一進 'と言う)で、総面積が2,377平米である。客間の中に池の上で建てられた舞台があり、面積が30平米である。

  • 林覚民、冰心旧居 林覚民、冰心旧居

    清の時代の建築で、西を背にして東を向き、敷地面積が694平米である。メイン建築は元々の奥行きが三進(進:伝統的中国家屋で、邸内に複数列の建物がある場合、その一列を'一進 'と言う)であったが、今は二進しか残されていない。元々は林覚民の先祖の家であったが、林覚民が殉難した後、家屋は冰心の祖父である謝鑾恩に譲渡された。2006年に第六回全国重点文物保護単位と指定された。

省クラス保護単位 もっと

  • 劉家大院(大院は多くの住民が暮らす密集地域のこと) 劉家大院(大院は多くの住民が暮らす密集地域のこと)

    劉家大院は西から東へと四つの建物が並んでおり、総面積が4,532平米であり、福州市地域内で一番広い住宅である。元々は清の時代の初めの有名な画家である許友の旧居「米友堂」と清の時代の康熙年間の進士(科挙の殿試に合格した者に与えられた資格)、内閣中書である林佶の旧居「朴学斋」であった。嘉慶年間(1796年~1820年)に劉照に購入された。民国25年(1937年)に愛国詩人である郁達夫はここに泊まったことがあり。

  • 葉氏民家 葉氏民家

    最初は明の時代に建てられた。北を背にして南を向き、メイン建物と客間からなり、建築面積が2,321平米である。メイン建物は前後の奥行きが三進(進:伝統的中国家屋で、邸内に複数列の建物がある場合、その一列を'一進 'と言う)で、正門が東を向き、南後街に隣接している。建築は明、清、民国という三つの時代の建築風格を集めている。2005年に福建省第六回文物保護単位と指定された。

市クラスの文物保護単位及びその他の展示館 もっと

  • 光禄吟台 光禄吟台

    もともとは烏石山脈の一部分であり、閩山と称され、玉尺山とも名づけられている。唐の時代に初めて閩山保福寺を建て、宋の時代のはじめに法祥寺と改名された。宋の時代の熙寧元年(1068年)に、程師孟は光禄卿という官職で福州の知事になり、暇の時に常に遊びに来る。そのため、お寺のお坊さんはここを「光禄吟台」と名づけ、また字を書いてくださいと彼にお願いした。

  • 劉斉銜旧居 劉斉銜旧居

    清の時代に建てられ、宮巷14号に位置しており、四つの建物は隣接して、建築総面積が4,141平米である。北を背にして南を向き、1991年に福州市人民政府に看板付きの保護単位と指定された。

知る必要がある

1、ベンチを吐きやポイ捨て、環境衛生の順序、禁煙を遵守し、博物館の環境衛生を維持するために意識してください。

2、許可は景勝地で撮影三脚、大型カメラを運ぶために禁止されています。

3、ペットがエリアに入ることは許されません。

4、エリアに車を禁止しています。

5、訪問者は彼らのすべてのチケット景勝地、一人一票を入力するには、チケットが当日有効では一日おきに脇に置きます。